live

「みんなのうた」アニバーサリーコンサート †

セットリスト †

  1. あ〜よかった
  2. 赤い自転車
  3. 雨の雫
  4. 涙のチカラ

概要 †

NHK大阪新放送会館完成記念・「みんなのうた」放送開始40周年記念でのイベント。

バンドのメンバーが先に登場し、「あ〜よかった」の伴奏に乗せて2人が登場。「1曲目に「あ〜よかった」を歌わせていただきました。40周年と言うことで、今日、大先輩方をを見て、まだまだだと思いました」(byいづみ)。「楽屋でこのコンサートを見ていましたが、小さいときに見て、どんどんいろんな曲を聴いていってのを思い出し、2人で歌ってました」(byまきこ)。「(今日のイベントの花*花よりも)楽屋での2人を見ていた方が面白かったかも知れません」(byいづみ)。「次の曲は99年に「みんなのうた」で放送された「赤い自転車」です。と言うことで「赤い自転車」。「この曲は神戸が舞台になっていて、今も関西に住んでいるんですけど、神戸の音楽学校に行っていたので、この曲は(神戸を)イメージして作りました」(byまきこ)。「花*花はこんな(恋の)曲も歌うようになったのです。」と言うことで、「雨の雫」。「(みんなのうたで)2曲も(採用されて)良いのか?」「今まさに流れている曲を最後に歌いたいと思います。年明けに京都で駅伝がありましたが、そのテーマソングににもなっていました」。「同じ女の子へ、色々な人への励みになったら良いな」と言うことで「涙のチカラ」。で終わる。

司会者と、(1999年に「赤い自転車」がみんなの歌で採用されて、放送されるアニメは)「きっと、ほんわかかわいらしいものと思えば、なんと奇抜なキャラクターで感激したのを覚えています」(byまきこ)。「みんなのうたって全国で見れるじゃないですか。この曲を初めてテレビで見たのが、沖縄へ旅行に行って、靴下を履こうとしていた時でびっくりしました」(byいづみ)。「(みんなの歌を)見て、覚えて歌って、子供達の中にいつまでも覚えていてくれるような歌の歌手になりたいですね。」

感想 †

特に可もなく不可もなくと言うもの。それにしても今回の観客の年齢層は高かった。田中星児とかペギー葉山とか中村泰士を見に来ているのかと言う感じ。番組の性質上、小さい子が多いと思われたがそうでもなかった。しかし、最後の「涙のチカラ」がカラオケというのはイマイチな感じがする。確かにこの曲は2人だけでは歌いにくいとは思うが。と言っても、この曲は今回の「みんなのうた」で放送されている曲だから仕方ない部分もあるかと思うが、いつか何処かでカラオケではない「涙のチカラ」と言うのを聴いてみたいものである。しかし、最初の2曲がバンド形式であることが必要なのかと思ったりもした。ま、赤い自転車での小道具で必要だったかと言えばそうかも知れないが、昔は2人でやっていたりしたわけで、別に「みんなのうた」のアニメの中にベルの音が入っていたと言うことでもないし..ま、別にバンド形式がキライというわけじゃないけど。


Last-modified: 2010-11-04 (木) 22:51:01